惚れた方が負け?恋愛は男と女の勝負

勝負するクマいきなりですが、今回の記事は人によっては、受け容れにくい内容になると思います。

私もわざわざ、敵を増やしたくないのですが、女性にモテるため、彼女を作るために必要な考え方と思いますので、敢えて書きます。

一体、何が言いたいのかというと…

「恋愛は勝負であり、相手に惚れた方が負け」

という事です。

この考え方に「確かにそうだ」と共感されているあなた、
かなり恋愛で良い思いをされているのではないでしょうか。

逆に、「そうかなぁ…」と思われた方。

失礼ながら、あまり恋愛で良い結果を残せていないのではないでしょうか。

「正しい」「間違っている」のジャッジはさておき、
もう少しだけお付き合いください。

 

私が、何故…

「恋愛は勝負であり、相手に惚れた方が負け」

と思うようになったのか。

それは、私自身の恋愛経験がキッカケです。

過去の私は、女性に全くモテず失恋を繰り返していたのですが、
その理由を分析してみると…

「女性を美化し過ぎていたこと」

が、問題でした。

性善説で女性を見ていたのですね。

その結果、「あばたもえくぼ」になってしまい、女性の悪いところが見えなくなり、美点はどんどんクローズアップされる。

私だけが彼女に夢中になってしまい、彼女はどんどん醒めていく。

最終的に、たったの3ヶ月でフラれてしまいました(T_T)

もちろん、「俺はこのパターンに当てはまらないぞ」という方もいると思いますが…

思い当たる方も多いのではないでしょうか?

関連記事
「本命女性ほど落ちないのは何故?モテない男性に共通する恋愛パターン」

 

今度は反対に、上手くいった恋愛も分析してみました。

私自身のケースはもちろん、モテる友人達の力も借りて。

その結果、共通していたのは…

「男性が、女性よりも少しだけ醒めている関係」

でした。

この状態になると、恋愛の主導権を握ることが出来ます。

付き合いを継続するのも、別れて次に行くのも、

「主導権を握っている側」

が決断する事になります。

 

こういった理由から、

「恋愛は勝負であり、相手に惚れた方が負け」

という書き方をしたのですが、結局こう考えた方が…

「主導権を握りやすい」

「相手に魅力的と思われやすい」

「恋愛で良い思いをしやすい」

という事を申し上げたいのです。

 

考え方は人それぞれなので、どのように恋愛を捉えるかは自由ですが、
それでも書かずにいられないのは…

「恋愛の世界では善人は報われない」

という現実があるからです。

実際、悪人ほど女性にモテます。

悲しいですが、こういう現実がある事はお伝えした方が良いかなぁと思い、
今回記事にしてみました^^;

何か少しでも参考になる部分があると嬉しいです^^

⇒ 恋の主導権を握る方法



恋愛の表と裏を知りたい方はこちら↓


>>3ヶ月で0から理想的な彼女を作る方法<<

※先着5名様限定で、モテ気の注入を行います。

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:サトル


彼女の作り方完全ガイドの管理人

詳細プロフィールはこちら

彼女の作り方完全ガイドの管理人「サトル」

メニュー

このページの先頭へ