恋愛に夢中になるのは女だけで良い

恋に夢中な女性今日のお話は、人によっては抵抗を感じるかもしれません。

特に恋愛経験が少ない男性には…

「本当か?それ」

と、疑われてしまう可能性があります。

また、女性が読んでも絶対に共感は得られません。
(そもそも読まないとは思いますが)

ちなみに、元彼女に話したところ…

「そんな事はないと思う(`・ω・´)キリッ

という返事。

やっぱり共感は得られませんでした。

でも、女性が何と言おうがこれは真実。
彼女達は、自分で自分のニーズを理解していないのですね。

今回お話しするのは…

たくさんの失恋を経験し、人の失敗を何度も見てきて、
ようやく掴んだ恋愛の真実です。

なので、心をオープンにして読んで頂けると嬉しいです^^

 

前置きはこのくらいにして、本題に入りますね。

何が言いたいのかというと…

「男は女性(恋愛)に夢中になってはいけない」

という事です。

女性を夢中にさせるのは、もちろんOKですが、
男性がそれをやってしまうと、その関係は高い確率で終わりを迎えます。

何故かと言いますと…

相手を好き過ぎると、弱くなってしまうからです。

そして女性は、ほぼ例外なく「弱い男」を嫌悪します。

「どうでも良い女には好かれるのに、
自分が惚れてしまうと何故か上手くいかない…」

過去に、このような経験をされていないでしょうか。

もし経験されているとしたら、今回のお話がモロに当てはまるはずです。

 

「好きな女性には優しくしたい」

男として、自然な感情ですよね。

ただ、女性が求める優しさと男が考える優しさには「ズレ」があります。

また、女性によって「優しい」という武器が有効な場合もあれば、
「物足りない」と受け取られる場合もあるのです。

感情だけで行動してしまうと、やはり上手くいきません。

恋愛を成功させるには、自分がどうしたいかではなく…

「惚れさせるために何をするのがベストか?」

を考え続けることが大切です。

そのためには、元彼の話を聞いてみたり、過去に振った男性の話を
聞いてみたりする必要があるでしょう。

その上で、モテるために必要だと判断した行動を取るのです。

でも、女性を好きになり過ぎてしまうと、これが出来ません。

「頭では分かってるけど…」

と、感情を優先させてしまうのです。

これが、恋愛が上手くいかない大きな理由の1つです。

【関連記事】
彼女を落とすために恋愛話を聞いた方が良い理由

 

長くなったので、この辺でまとめたいと思いますが…

「女性を惚れさせるためには、女性以上に惚れてはいけない」

「恋愛に夢中になるのは女だけ」

これらのマインドセットが必要です。

そのために有効なのが…

「ターゲットの女性を一人に絞らないこと」

「女性の良いところばかりではなく、悪いところも見ること」

このあたりが大切になります。

何か少しでも参考になれば幸いです^^



恋愛の表と裏を知りたい方はこちら↓


>>3ヶ月で0から理想的な彼女を作る方法<<

※先着5名様限定で、モテ気の注入を行います。

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:サトル


彼女の作り方完全ガイドの管理人

詳細プロフィールはこちら

彼女の作り方完全ガイドの管理人「サトル」

メニュー

このページの先頭へ