お見合いパーティーエクシオの体験談。カップル成立と思いきや…

お見合いパーティーエクシオエクシオのお見合いパーティーに初参加!
見事カップル成立と思いきや、まさかの
どんでん返しにあってしまった体験談です^^

 

2011年5月。

東京マリアージュで開催された、
エクシオ のお見合いパーティーに参加しました!

私にとって、この日は初参加。

記念すべきデビュー戦です^^

 

MTエステートビル会場は、東京駅の八重洲北口から徒歩3分程。

道に迷わないか心配でしたが、
大通りに面していたので、
すぐに会場を見つける事が出来ました^^

会場は、MTエステートビルの2階です。

受付を済ませた後、プロフィールカードと
番号札を手渡され、ブースに入りました。
※受付では身分証明書が必要です。

中に入ると、すでに女性が到着していて、
なにやら忙しそうにプロフィールカードへ記入しています。

「隣良いですか?」

と声をかけてみると…

「どうぞ♪」

という返事が(⌒~⌒)

見ると、白石美帆さん風の美人でした。

 

パーティー開始までの間に、プロフィールカードへ記入します。

プロフィールカードには、趣味や特技、休日の過ごし方など、
自分自身についての様々な情報を書きます。

ちなみにプロフィールカードとは、下記のような用紙です。

プロフィールカード

 
汚くてすみません(笑)

 

女性は、プロフィールカードの内容を細かく見ていますので、
事前に何を書くか良く考えておきましょう。

「女性から見てどうか?」

という視点で書くことがポイントですよ^^

 

記入が終わると、いよいよパーティー開始です。

隣に座っている女性と、プロフィールカードを交換して一対一で会話します。

私「はじめまして」

女性「はじめまして♪」

時間は、1人約3分半。

深い話をする余裕はありませんが、
お互いの印象を確かめ合うには十分な時間です^^

印象の良かった女性の番号は必ず覚えておきましょう。

その際、チェックシートを活用すると便利です。

チェックシート

 

全ての女性と会話を終えると、次はいよいよ最終投票です。

エクシオのパーティーには…

「レギュラーパーティー」「個室パーティー」「大人数のビッグパーティー」
「その他」と、主に4種類の形式があるのですが、私が参加したのは
「個室パーティー」でした。

そのため、フリータイムは無しです。

私は、印象の良かった女性3人の番号を記入して、スタッフさんに提出しました。
※第6希望まで記入可能です。

後は発表を待つのみで、集計が終わると、
司会者がカップル成立者の番号を読み上げます。

司会者「男性番号○番、女性番号○番おめでとうございます!」

私は、自分の番号(9番)が読み上げられるのを祈るような気持ちで待ちました。

すると…

司会者「男性番号9番、女性番号11番おめでとうございます!」

なんと、第一希望の女性とカップル成立する事が出来たのです。

とても嬉しかったのですが、派手に喜ぶのもカッコ悪いので、
平静を装っていました。

以上で、パーティー終了です。

 

パーティー終了後は…

女性全員退室 ⇒ 男性参加者に次のパーティーを営業 ⇒ 男性全員退室。

という流れで、お開きとなります。

※何故かカップル成立した男性も次のパーティーへの参加を勧められます。
これには正直不満でした。エクシオさんには、是非改善してほしいです(-_-メ)

男性参加者に次のパーティーを営業している間、
カップル成立した女性は外で男性を待ちます。

…重要な事なので、もう一度繰り返します。

カップル成立した女性は、外でパートナーの男性を待ちます。

そう、本来ならば11番の女性も待っているはずなのです。

しかし…

それらしき女性が、見当たりませんでした。

「???」

勘の良い方なら、何が起きたのか分かりますよね…

そう、

11番の女性は、私を待たずに帰ってしまったのです(T_T)

置いてけぼりにされた男

確かに私が会場を出るのは遅かったです…

トイレにも行きましたし、スタッフさんと少しだけ雑談もしました。

男性陣の中では、一番後に会場を出ましたが…

期待していただけに、ショックも大きかったです(T△T)


「くっそ~、エクシオと、11番め…」

私は、リベンジを決意し、1人寂しく家路につきました。

まだまだ修行が足りないという事ですね(笑) 

もっと男を磨いて、再挑戦したいと思います!

>>日本最大のお見合いパーティーといえばエクシオ<<

※エクシオの詳細レビューはこちら



恋愛の表と裏を知りたい方はこちら↓


>>3ヶ月で0から理想的な彼女を作る方法<<

※先着5名様限定で、モテ気の注入を行います。

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:サトル


彼女の作り方完全ガイドの管理人

詳細プロフィールはこちら

彼女の作り方完全ガイドの管理人「サトル」

メニュー

このページの先頭へ