婚活パーティー「シャン・クレール」の体験談。銀座紙パルプ会館にて

お見合いパーティーシャンクレールつい先日、銀座の紙パルプ会館で開催された、
婚活パーティー「シャン・クレール」
参加してきました。体験談を記事にしましたので、
ご興味お持ちの方は是非^^

 

この日は、久しぶりのお見合いパーティー。

否が応でも、緊張感が高まります(>_<)

果たして、どのような出会いが待っているのか…

期待に胸を膨らませて、会場へ向かいました。

 

紙パルプ会館に着くと、まずは受付です。

簡単なアンケートに記入し、参加費用5000円(割引クーポン使用)を
支払いました。

そして、プロフィールカードを受け取り、会場に入ります。

「!?」

中に入って、とてもビックリしました。

お見合いパーティーの筈なのに、何故か男性ばかりなのです(>_<)

男女比率で表すと、7対3くらいでしょうか。

明らかに、男性余りの状態でした。

「まさか、これで全員じゃないよな…」

少し不安になりましたが、まだ女性陣が到着していないだけかもしれません。

気を取り直して、プロフィールカードへ記入する事にしました。

プロフィールカードには、名前、住所、血液型、趣味などの情報と、最終学歴、
年収など、少しデリケートな情報の記入スペースがあります。
※書きにくい箇所は、空欄でもOKです。

 

プロフィールカードへの記入が終わり、ふと周りを見渡すと、
いつの間にか女性が増えていました。

さすがシャンクレール(o^-^o)

首都圏最大の社会人お見合いパーティーと言われるだけあって、
やはり集客力が違います^^

最終的な参加人数は、男性が20名、女性が18名でした。

 

司会「それではお時間になりましたので、パーティーを開始します♪」

ついにパーティーが始まりました!

まずは、女性全員との自己紹介タイムです。

横並びの椅子に、男女交互に座り、隣の女性と順番に会話をしていきます。

女性「はじめまして♪」

私「はじめまして」

自己紹介タイムは1人1分程です。

短い時間の中で、いかに自分を印象付けるか?

それが勝負を分けます。

あと、自分をPRするだけでなく…

印象の良かった女性の番号を覚えることも重要です。

うっかりすると、カップル投票の時になって、

「あの子、何番だっけ!?」

と慌てる事になりますので、必ずメモを取っておくようにしましょう。

ちなみに、この日は女性陣の年齢層がやや高めで、最年少が28歳。

ほとんどが30代後半から40代でした。

 

自己紹介タイムが終わると「第一印象カード」という用紙に番号を記入し、
スタッフさんに提出します。

この用紙は、

「あなたに興味があります」

という意思表示をするためのカードで、3人分の記入スペースがあります。

私は、1人の番号を記入して、スタッフさんに提出しました。
※集計結果は、フリータイム中にスタッフさんが教えてくれます。

管理人の狙いは、32歳のOL(A子さん)一本です。

あと2人分の記入スペースがありましたが、この日は、
他にタイプの女性がいませんでした。

いつもは、誰の番号を書くか迷う程なのですが…

まぁ何度も参加していれば、たまにはこんな日もありますよね^^

 

続くフリータイムでは、男性全員が席を立ち、会場中央に集められます。

会場中央のテーブルには、ドリンクと飴玉が置いてあり、
男性はそれを持って女性の隣に座ります。

私は、早速ドリンクと飴玉を持って、A子さんの隣に向かいました。

しかし…

僅かに早く、他の男性に先を越されてしまい、私は空席に座ることに。

フリータイムでは、着席場所は先着順なので、
人気のある女性の隣には男性参加者が集中します。

そのため、あらかじめお目当ての場所を定めておく事が重要なのです。

ただ、いくら先着順といっても…

ダッシュだけは絶対にやめましょう(笑)

たまに、猛烈な勢いで走っている男性がいますが、正直格好悪いですし、
女性もビックリすると思います^^;

 

ちなみに、シャンクレールパーティーでは、フリータイムが4~5回あります。

この時、必ず「パートナーチェンジ」を行わなければなりません。

1人の女性を独占していると、他の参加者に迷惑をかけてしまいますし、
スタッフさんにも注意されてしまいますので気をつけましょうね^^

女性も、色々な男性と話してみたいと思っているかもしれませんので、
席の独占はやめておいた方が賢明です。

 

私が席に座って、ウーロン茶を飲んでいると、スタッフさんから
1枚の紙切れを手渡されました。

そこには、第一印象カードに私の番号を記入してくれた
女性の番号が記されています。

「この中に、A子さんの番号が書かれているか?」

私の関心は、その一点のみでしたが…

ありません(T_T)

念のため再確認しましたが、やはりA子さんの番号は
書かれていませんでした(泣)

…しかし、まだ諦めるには早いです。フリータイムで挽回すれば良いのです。

しばらくすると、A子さんの隣が空きました。

私「隣、良いですか?」

A子「はい♪」

フリータイムは、およそ3分程です。

自己紹介タイムの時よりも、少し長めに話が出来ますので、お互いの事を知るチャンスなのですが、残念ながらA子さんとの会話はあまり弾みませんでした。

相性の問題なのか、トーク力の問題なのか。

恐らく、両方だと思いますが、あまり会話が噛み合いませんでしたね。

不完全燃焼です(>_<)

もやもやした気持ちのままでしたが、カップル投票、カップル発表に移ります。

 

カップル投票では…

「この人と、カップルになりたい!」

と思った異性の番号を、最大3名まで記入してスタッフさんに提出します。

両想いとなった場合には、晴れてカップル成立です( ´∀`)

私は、一応A子さんの番号を書いて、スタッフさんに提出しましたが、内心…

「今回は厳しい、多分無理だろうな」

と感じていました。

そして集計が終わり、最後のカップル発表です。

次々に、カップル成立者の番号が読み上げられます。

司会「男性番号○○番、女性番号○○番です!
おめでとうございま~す♪」

駄目だと感じていても、やはりカップル発表はドキドキしますね (笑)

 

結局、この日はカップル成立しませんでしたが、
久々に刺激的な時間を過ごす事が出来ました^^

トークの改善点、プロフィールの見直しをする良いきっかけにもなりましたので、
思い切って参加して良かったです^^

「今度こそカップル成立するぞ!」

私は、熱い思いを胸に銀座を後にしました。

>>シャンクレール公式サイトはこちら<<

※シャンクレールのレビューはこちら



恋愛の表と裏を知りたい方はこちら↓


>>3ヶ月で0から理想的な彼女を作る方法<<

※先着5名様限定で、モテ気の注入を行います。

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:サトル


彼女の作り方完全ガイドの管理人

詳細プロフィールはこちら

彼女の作り方完全ガイドの管理人「サトル」

メニュー

このページの先頭へ