女の言いなり、都合の良い男になってはいけない

便利に使われるアッシーくん「アッシー君、メッシー君、ミツグ君」

ってご存知ですか?

多分30代以上の男性であれば、
知ってると思うのですが…

アッシーくん=運転手

メッシーくん=飯を奢らされる男

ミツグくん=貢がせる(プレゼント)だけの男

の事です。

これらを総称して、「キープくん」と呼ぶそうです。

惚れた弱みなのでしょうか。

だとしたら悲しいですね。

バブル経済で、日本全体が好景気だった頃に、
流行った言葉らしいのですが、個人的にはとても不愉快です。

でも、女だけが一方的に悪いのかというと、決してそうではありません。

喜んで送り迎えしたり、財布扱いされてるだけなのに、「頼られてる」と
勘違いして喜ぶバカ男が多すぎるから、こういう情けないことを
言われてしまうのだと思います。

「男は女に弱いから仕方ない」

というのは確かにその通りですが、最低限のプライドは持たないといけません。

そうしないと、いつまで経っても女に振り回される惨めな男のままです。

今も存在するバブリーな女

で、こういう男を物扱いするような無礼な女は、
バブルの頃だけに存在したわけではありません。

数は減っていると思いますが、今も当時の感覚のまま
生きている女はたくさんいるのです。

口にこそ出しませんが、彼女たちは…

「男がワタシに尽くすのは当然。
自分にはそうされるだけの価値がある」

と信じているかのようです。

「アホか。何様のつもりだ?」

って話なのですが、多分彼女たちに悪気はありません…

それだけ、周りの男に甘やかされてきた結果なのだと思います。

アッシーくんにされそうになった後輩

つい先日、こんなことがありました。

後輩と2人でクラブに行って、30歳の女2人組みをナンパしたんですね。

2人とも露出が多くて、エロい感じで、遊び相手としては悪くない感じでした。

後日、後輩と女1は飲みに行くことになりました。

で、待ち合わせの30分前にメールが届いたそうです。

その内容というのが…

「ゲリラ豪雨で家を出れません。○○まで車を出してもらえませんか?」

というもの。

…確かに、その日は大雨で雷も凄かったですよ。

電車だって、止まってたかもしれません。

家を出るのは大変だったでしょう。

でもね…

最初のデートからこういう態度はありえないですよね。

「だったら、自分でタクシー呼びなよ」

って話です。

それすらも男任せなのですから…

私も呆れてしまいました。

で、後輩はメールに返信せず、受信拒否したそうです。

市場価値の下落に無自覚な女性

男性から見た女性の価値は、端的に言ってしまえば「若さ」や「SEX」です。
生物学的に考えれば、そういう事になると思います。

だからといって、年増の女に価値がないとは言ってませんよ。

熟女が好きだという男もいますから、必ずしも絶対的な基準ではありませんが、「分かりやすく言えば」という話です。

なので、若い女がチヤホヤされるのは自然なこと。

それによって、若い女が調子に乗るのも仕方のないこと。

ただし…

あくまでも「若いうちだけ」ってことです。

彼女たちは、この点に気付く必要があると思います。

賢い女性は分かってるでしょうけど、分からない人は
ずっと分からないでしょうね。きっと。

女よりも価値を下げてはならない

長々と書いてきましたが、お伝えしたかったのは…

「女に媚びてはならない」

「女よりも価値を下げてはならない」

ということです。

足に使われたり、財布扱いされて良いはずがありません。

叱るべきところでは、ちゃんと叱りましょう。

そうしないとナメられてしまいます。

「優しく尽くしていれば、いつか好きになってくれるかも…」

なんて甘い考えの人はいないと思いますが、

甘やかすと本当にロクなことになりません。

女性が求める「理想の男」とは?モテるための必須条件について
でも触れましたが、女が最終的に選ぶのは強い男です。

女のご機嫌伺いばかりしている「ヘタレ」ではありません。

これは、管理人自身の体験から、身をもって言えることです^^;

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

⇒ 強い男のマインドセットを身につける



恋愛の表と裏を知りたい方はこちら↓


>>3ヶ月で0から理想的な彼女を作る方法<<

※先着5名様限定で、モテ気の注入を行います。

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:サトル


彼女の作り方完全ガイドの管理人

詳細プロフィールはこちら

彼女の作り方完全ガイドの管理人「サトル」

メニュー

このページの先頭へ