彼女を作るため、モテるために、タイプじゃなくても女性を口説く!

BARこんにちは!管理人のサトルです^^

今回は初心に帰って、全くモテなかった
5年前を振り返りながら書いてみたいと思います。

当時は、もちろん彼女もいなくて、女友達も皆無。
男友達すら数える程度という状態でした(>_<)

そんな有様でしたが、モチベーションだけは誰よりも強く…

「絶対女にモテる男になって、最高の彼女を作ってやる!」

という目標だけは、ブレずに持ち続けていました。

ただ…

「そのために何をしたら良いか?」

という肝心のポイントが全く分かっていなかったんですね。

 

そんな私を救ってくれたのが、先輩のAさん。

Aさんには、女性にモテるために大切な事をたくさん教わりましたが、
その中でも、特に重要だったのが…

「好みの女じゃなくてもとりあえず口説け」

という教えでした。

当時の私はモテないくせに選り好みの激しい男で、何となく自分に対して
好意を持ってくれている事が感じられた時でさえ…

「タイプじゃないし、口説かなくても良いや」

と、スルーしていました。

Aさんからはその点を改めるようにアドバイス頂いたのです。

 

私も、現在は女性に困らない状況を作ることができたのですが、
それは何故かというと…

「Aさんのアドバイス通り、手当たり次第に女性を口説いてきたから」

と、確信しています。

正直、ストライクゾーンから外れている女性でも、
恋愛経験値を積むためと割り切って口説いてきました。

それによって、どんなメリットがあったのかというと…

「イケてる状態を体に刷り込む事ができる」

という事です。

結局、タイプでない女性を口説けないのに、
自分が惚れ込んだ女性を落とせるはずがないんですよね。

当時の私は、ここを全く分かっていませんでした。

 

結論として申し上げたいのは…

「この子はあまりタイプじゃないから」と切り捨てるのは止めましょう。

という事です。

そうではなく、

「いつか出会うであろう最高の女性を口説くためのリハーサル」

として、貪欲に口説きましょう。

リハーサルという表現は失礼かもしれませんが、練習もせずに
ぶっつけ本番で成功させるのは、やはり無理があるのです。

もちろん、今すでに結果が出ている方は、
こんな事をしなくても良いと思いますが…

もし、今の時点で恋愛が上手くいっていないという場合は、
身につけて頂きたいマインドセットです。

※女性の口説き方についてはこちらが参考になると思います。

少しでも参考にして頂けると嬉しいです^^



恋愛の表と裏を知りたい方はこちら↓


>>3ヶ月で0から理想的な彼女を作る方法<<

※先着5名様限定で、モテ気の注入を行います。

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:サトル


彼女の作り方完全ガイドの管理人

詳細プロフィールはこちら

彼女の作り方完全ガイドの管理人「サトル」

メニュー

このページの先頭へ