「結婚を前提にお付き合いして下さい」という重い告白はアリか?

結婚を前提に...「結婚を前提にお付き合いして下さい」
ここまで、直球で勝負する方がいるかどうか
分かりませんが、思うところを記事にしました。

 

最初に結論から書きますが…

「結婚を前提にお付き合いして下さい」

というのは、基本的に「すでに付き合っている状態」で
使うべき言葉だと思います。

まだ、彼女にもなっていない段階で使うには、かなり重たい言葉かと。

もちろん、そうしなければならないルールはありません。

まだ付き合っていなくても…

「結婚を前提にお付き合いして下さい」

という一言がキッカケで、2人の関係が好転する事もあり得るでしょう。

相手が、結婚願望の強い女性ならば尚更です。

 

また、2人の距離感にもよります。

出会って1ヶ月でこんな告白をしたら…

「危ない人かも…」

と避けられるのがオチですが、何年も友達付き合いをしていれば、話は別です。

相手の女性も、今後の付き合いも含め真剣に考えるでしょう。

管理人自身は、そこまで長く「友達の状態」を維持したことがないので、
何とも言えませんが、恋愛に時間をかけるタイプの男性もいると思います。

そういう方の場合、思い切って真剣交際を切り出すのも、
あながち間違いではないのかもしれません。

 

ただ、それでも敢えて言いたいのですが…

重たいアプローチはやめた方が良いです。

というのも、女性が男性に重いアプローチをするのと、
男性が女性に重いアプローチをするのでは、
全く意味が違うからなのです。

極端な話、生命にも関わることなのです。

例えば、ストーカーが事件になるのは
多くの場合、男性から女性に対してですよね。

女性のストーカーも存在すると思いますが、
ニュースになるような大きな事件に発展するのは、
やはり「男⇒女」という形においてだと思います。

もちろん、それだけが理由ではありませんが、
女性は体力的に男性よりも劣りますので、
恋愛にも慎重にならざるを得ません。

「暴力を振るうような人じゃないかな?」

「変に断ってストーカーにならないか心配…」

言葉にするかどうかは別として、
女性は潜在的に、このような不安を持っています。

【関連記事】
女性受けが良くて、モテるのはどちら?重たい男と軽い男

 

当然の事ですが…

重たい男 ⇒ 危険な男

と言いたいのではありません。

ただ、重たいアプローチが女性に危険を認識させやすいのは、
管理人の経験上、間違いないと思います。

なので、基本的な考え方として、重たいアプローチはしない。

「結婚を前提にお付き合いして下さい」

というのは、付き合った後で彼女に安心してもらった後で、
言った方が良いと考えます。

何か少しでも参考になれば幸いです^^



恋愛の表と裏を知りたい方はこちら↓


>>3ヶ月で0から理想的な彼女を作る方法<<

※先着5名様限定で、モテ気の注入を行います。

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:サトル


彼女の作り方完全ガイドの管理人

詳細プロフィールはこちら

彼女の作り方完全ガイドの管理人「サトル」

メニュー

このページの先頭へ