ストリートナンパで声をかけるのが怖い本当の理由

こんにちは、サトルです。

今日のテーマは、

「ストリートナンパで声をかけるのが怖い本当の理由」

です。

あなたは何だと思いますか?

ちなみに、今日の記事を読むと、

「ナンパって意外と簡単かも」

「もっと早くやっておけば良かった」

と思って頂けること、請け合いです。

是非、期待して読み進めてみてください。

最初に結論から書いてしまいましょう。

街中で見知らぬ女性に声をかけるのが怖い本当の理由は…

「無知」

です。

「ナンパにおけるリスクとリターン」

を、本当の意味で知らない可能性が高い。

人間、分からないものは怖いと感じるものです。

しかし、正体が分かってしまえば、

「こんなものか」と思うでしょう。

ナンパも同じことです。

話を分かりやすくするために、何か比較対象を設定しましょう。

例えば、「学校」なんか良いですね。

同じ学校、同じ教室に好きな女性がいると思ってください。

そして、アプローチを仕掛けるわけですが…

「ナンパが怖い」

なんて言う人も、学校での恋愛は経験済みだったりします。

私からすると…

ストリートナンパよりも学校での恋愛の方がよほどハードルが高いです。

なぜか?

ナンパは所詮ナンパ。

赤の他人に声をかけるわけです。

ダメだったら無視される。

それで終わりです。

しかし、学校はどうでしょうか?

上手くいけば良いですが、もしも女性に振られたら?

ターゲットの女性は、あなたに告白されたことを周囲に自慢するかもしれません。

あなたが振られたことはクラス全員の知るところとなり、影で笑われるかもしれません。

人伝に「あの子、○○と付き合ってるらしいよ」なんて、聞きたくもない噂話を聞かされるかもしれません。

私だったら…

とても耐えられない(笑)

どう考えても、ストリートナンパの方が気楽です。

初心者の方とナンパに出掛けると、みなさん必ず口にするのが…

「知らない女性に声をかけるのが怖い」

という言葉です。

ええ…

その気持ちはよくわかります。

分かりますとも。

私だって、初めてナンパをしたときは同じでした。

緊張で手足が震えましたし、喉が乾いて口の中がパサパサになりましたよ。

それでも踏ん張って、5人、10人、30人と声をかけていくと…

あら不思議。

これが全くと言っていいほど恐怖心が失くなるんです。

「慣れ」

と言ってしまえばそれまでですが、人間って本当にたいていのことは慣れてしまうものですよ。

その上で、言いたいのですが…

「知らない女性に声をかけるのが怖い」

って、本当にそう思うのでしょうか?

知っている女性の方がよほど怖くありませんか?

もちろん最初は、緊張するでしょう。

怖いと感じるでしょう。

慣れていないのだから当たり前です。

でも、長期的に考えて本当にハードルが高いのは…

「同じコミュニティの女性にアプローチすること」

の方です。

ナンパって、大変なようで実は凄く気楽なんですよ…

というお話でした。



恋愛の表と裏を知りたい方はこちら↓


>>3ヶ月で0から理想的な彼女を作る方法<<

※先着5名様限定で、モテ気の注入を行います。

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:サトル


彼女の作り方完全ガイドの管理人

詳細プロフィールはこちら

彼女の作り方完全ガイドの管理人「サトル」

メニュー

このページの先頭へ