イケメンなのに何故モテない!?女性と仲良くなるためのモテ会話

同僚との飲み会よくある「モテない男性の会話」を
ご紹介しています。管理人も含め、
誰でもやってしまう可能性があるので、
くれぐれもご注意下さい。

 

こんにちは!管理人のサトルです^^

つい先日、入社したばかりの後輩(A君)を連れて、
同僚4人で一杯飲みに行きました。

で、やっぱり男同士なんで女性の話になったりするじゃないですか。

お酒が入っていた事もありますが、みんな独身なので、
トークがそっち方面に行きやすいんです(笑)

 

その席で、後輩が…

「自分、女にモテないんです…」

と言ったのです。

ちなみに、この後輩、外見は悪くありません。

身長も180cm以上ありますし、なかなかのイケメン。

知的なメガネの似合うナイスガイです。

管理人は最初…

「モテそうだけどなぁ、何でかなぁ…」

と、不思議に思ったのですが、しばらく話していて理由が分かりました。

 

A君は、どうでも良い話、くだらないテーマでも他人の意見に同調しません。

「とにかく折れない男」

だったのです。

例えば、こんな事がありました。

同僚のB(A君からみたら先輩)が…

「やっぱ押しの弱い男はダメだな」

みたいな事をボソッと言ったんです。

それに対して、私ともう1人の同僚は…

「そうだね~」とか、「確かにな」という感じで、
自分の意見はさておき、取り敢えず同意したのです。

でもA君は違いました。

「でも…」

「だけど…」

みたいな感じで、否定から入ってしまうのです。

回数を数えていたわけではありませんが、
この日、こんなシーンが何度もありました。

見ていて私は、「これか…」と、妙に納得してしまったのです(笑)

職場の先輩相手でさえ、この有様なのですから、女性相手ともなれば、
更に遠慮なく自説を展開しまくっている事でしょう。

これでは、女性に嫌われても仕方ないと思います。

 

女性はこういった否定から入るコミュニケーションを、

とっても嫌がりますからね。

女性同士の会話を聞いていると分かりますが、基本的には「肯定」です。

男性と違って、否定的なニュアンスは、ほとんど聞こえてきません。

議論は、男社会では受け容れられるかもしれませんが、女性相手だと基本的にNG。
止めておいたほうが無難です。

 

他人と話していて、「自分の意見と違う」という時は、誰にでもあります。

もちろん、管理人も例外ではありませんが、その時…

「否定⇒自分の意見」

とやってしまうと、相手は心を閉ざします。

いわゆる「ラポール(信頼関係)の破壊」ですね。

仮に、正しい意見だったとしても、素直に聞けなくなってしまいます。

これは、人間ですから仕方の無い事です。

反対に、

「同意⇒自分の意見」

であれば、相手もこちらの話を受け容れやすくなります。

「自分の意見と違っても同意するの?」

と思われるかもしれませんが、同意にも濃度があるじゃないですか^^;

自分と意見が違っても、肯定して受け流してあげる。

そんな「度量」が、恋愛では必要になります。

 

こういう話は、文章にすると…

「そんなの分かってるよ」

「俺は大丈夫!」

と思い込みやすいのですが、意外と無意識でやってしまうものなので、
くれぐれもご注意下さいね(>_<)

心配な方は、こういったアイテムで自分の音声を聞いてみると良いかもしれません。

「自分が何故モテないのか分からない」という方は、

会話に原因が隠されている事が圧倒的に多いです。

一番、自覚しにくい部分でもありますから、一度は録音される事をオススメします。

特集!モテ会話マスタープログラムの口コミと評判<限定特典付き>

何か少しでも参考になれば幸いです^^



恋愛の表と裏を知りたい方はこちら↓


>>3ヶ月で0から理想的な彼女を作る方法<<

※先着5名様限定で、モテ気の注入を行います。

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:サトル


彼女の作り方完全ガイドの管理人

詳細プロフィールはこちら

彼女の作り方完全ガイドの管理人「サトル」

メニュー

このページの先頭へ